ことば

 
 「鐸 声」
浄土宗新聞 令和4年10月号より転記
 ◆今年の夏も日本各地で豪雨による災害が多発した。被災した方々には心よりお見舞いを申し上げます。近年、自然環境の状態を地球の健康状態として捉え、人間の健康と地球の健康がともに関わり合っているという考えを基に、双方の健康を守ることをめざす「プラネタリーヘルス」という考え方が提案されている。
 ◆気候変動や生物多様性の喪失、空気や水、土壌の質の低下など、私たちをとりまく地球環境の変化は、地球の健康の悪化を示している。その原因は明らかに人類の現代文明である。
 ◆健康な土壌1グラムには1兆個もの様々な微生物が住んでいるという。こうした豊かな土壌に育つ農作物は、微生物のお蔭で病気になるリスクが低く、収穫後も鮮度を長く保ち、味も良く栄養も豊富になる。しかし、効率よく収量を増やすために化学肥料を多用すると、土壌の微生物は減少し結果的に地力は衰えてしまうのだという。    
 ◆地球の健康と人間の健康は繋がっている。今こそ身近な所から地球と私たちの健康を守る知見を身につけたい。
 
 浄土宗新聞は、どなたでも購読が出来ます。最寄りの浄土宗寺院にご相談下さい。